フツーな会社の、隠れた魅力。
現役社員が語る「JSDのココがイイ!」

写真:白石田

「社長」にも、
気軽に質問できる関係性。

2005年 新卒入社
白石田 翔一

JSDは社員数約30名という小さな会社です。もちろん初めは不安でしたよ。こんな小さな会社で大丈夫かな…って(笑)でも実際に何年か仕事をしてみてわかったのが、「少数体制だからこそのメリット」も多いということですね。例えば、経営陣との距離感。フロアをご覧頂くとわかるんですが、私のデスクから社長のデスクって、本当に目と鼻の先なんですよ。だから仕事の進め方で悩んだとき、ササッと社長に質問することもできる。これって、大きな会社ではなかなかできないことだと思います。

写真:小屋

多様な業界の方と関わる面白さ。

2006年 新卒入社
小屋 雄一

システム開発っていうと、割とデスクに向かって黙々と仕事をするイメージがありますよね。私自身も初めはそういうイメージでした。でも実際はそれだけじゃないんです。システムの仕様を提案するにも、決めるにも、お客様とやりとりする場面は多い。しかも当社の場合は、幅広いジャンルのお客様とお取引があるので、あらゆる業界の方と関わるチャンスがあるんです。今は物流系のシステムを担当していますが、次は全くの異業種かもしれない。経験を積むごとに、こうして少しずつ世界が拡がっていくのは面白いですね。

写真:長友

心から「スゴイ」と
思える先輩の存在。

2012年 新卒入社
長友 士朗

私自身、まだキャリアが浅いこともあって先輩方の指導を受けつつ仕事を進めることが多いのですが、その中で感じるのが、心から「スゴイ」と思える先輩が多いこと。もともと学生時代から情報系を専攻していたので、入社時点である程度の知識・スキルは持っているつもりだったんですが、もうそれと比べ物にならないほど。プログラミングに関する知識、スピード、質…すべてが卓越しているんです。こうして刺激的な環境に身を置いていると、「早く自分も先輩方と同じ域に辿りつかなきゃ」とモチベーションも高まりますね。

PAGE TOP